ご挨拶

学校長よりご挨拶

東京都立小岩高等学校長 馬場 智生
 
皆様、初めまして。
本年4月に校長として着任いたしました、馬場智生と申します。
この3月まで2年間、校長としてお務めいただきました、山田温先生の後任となります。これまで小岩高等学校の歴史を築いてこられました山田温先生をはじめ、歴代の校長先生そして教職員の皆さんの改革や様々な取り組みを受け継ぎ、これから発展させていくという使命を与えられたことに、感謝するとともに、大変身が引き締まる思いでございます。
本校は昭和38年に創立され、半世紀を超える歴史と伝統のある、地域に根ざした全日制普通科の学校で、すでに卒業生は約2万人にものぼり、社会の様々な場所や分野で活躍しています。
平成26年度末に校舎、グランドのすべての改修工事が完了して、はや3年が経ちました。大変広い敷地と近代的な設備に、落ち着いた地域の環境も併せて、恵まれた環境にある高校です。生徒たちも明るく素直で、思いやりがあり、何事にも一生懸命取り組み、活力に溢れています。そして先生方も情熱があり、生徒思いの大変熱心な先生方です。
本校の教育目標は『「知力」「人間力」「体力」を高める』です。その基本となるのは、「時を守り、場を清め、礼を正す」心構えと実践です。貴重な時間と空間を、自ら磨き高めるものとすること、けじめのある生活習慣、物事に取り組む集中力、人としてのマナーなどを身につけることが必要不可欠です。
平成27年度から導入した土曜授業も定着し、知力・体力を磨き、進路実現を図る体制の土台ができました。今後は平成34年度次期高等学校学習指導要領実施に向け、現在教育課程の検討を行っています。また、本校の三大行事である体育祭、文化祭、合唱祭を通して、人間力を培っていきます。それぞれ「一体感」「おもてなし」「ハーモニー」を基本テーマとし」、クラスや部活動で知恵を出し合いコミュニケーションを図り、人間関係を深め、相互を理解しあい、人のために尽くす気持ちを育みます。そして国際理解教育にも力を入れ、海外修学旅行や国際交流を積極的に実施しています。平成28年度に指定された英語教育推進校、TEEP指定校としても教科指導における教材開発・活用、英語検定取得者の大幅増と、確実に成果をあげています。近年のグローバル社会において、異文化の人々や多様な価値観を理解し、想像力を高め、より良い人間関係を築くための力を育てていきます。そして3年間9単位の体育の授業や運動部活動の活性化を通じて、体力向上のための体づくりに励んでいます。
本校は3学年9クラスの都内においても最大規模の学校で、都民、地域や教育委員会からも大きな期待を担っていると認識しています。PTAや同窓会からの方々からも温かい支援を賜りながら、教職員一同、生徒の成長のために全力で取り組む所存です。
何卒、よろしくお願い申し上げます。
 
是非本校へご来校いただき、素晴らしい施設、環境で躍動する生徒の姿をご覧いただけますと幸いです。
 
平成30年4月

印刷用はこちら(PDFファイル)

〒133-0044 東京都江戸川区本一色3丁目10番1号
電話 : 03-3651-2250 ファクシミリ : 03-3674-1405
E-mail : s1000119@section.metro.tokyo.jp
アクセス